ホーム > 製品 > ProDIX®6.0/7.0/8.0/9.0ファミリー


ProDIX®6.0/7.0/8.0/9.0ファミリー

新機能 | 必要システム構成 | 機能比較表 | 製品カタログ  


生産性の向上とコスト削減を実現する自動組版ソリューション

 ProDIX®ファミリー製品は、XML データの構造をもとに、Adobe InDesign 上での自動組版用テンプレート作成からXML データとスタイルの自動マッピング、XML データを用いた自動組版ならびにレイアウトデータからのXML エクスポートまでをサポートするパブリッシングソリューションを実現します。
 ProDIX ではAdobe InDesign ドキュメントにおけるスタイル制御と、XML データ要素の連携を自動化することにより、XML データのスタイルへの一括変換を可能とし、パブリッシングワークフローの効率化はもとより、XML データを介した、より現実的な生産性の高いWeb パブリッシングとの連携を実現します。ProDIX の自動組版機能は、カタログ、チラシ、新聞、雑誌、マニュアル、広報などの様々な誌面体裁に対応した高品質な自動組版を実現します。
 又、ProBridgeDesignerと連動させることで電子出版向けコンテンツの生成が可能です。

ユーザーが求める様々なワークフローに対応

 ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0ファミリーにはお客様のニーズにあわせて、様々なパブリッシングワークフローに対応する製品ラインナップが用意されています。


ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0 Standard Edition

 ProDIXファミリーのスタンダードモデルであるProDIX 6.0 は、Adobe InDesign CS4、ProDIX 7.0はCS5、ProDIX 8.0はCS6、ProDIX 9.0はCC2015 日本語版にそれぞれ対応します。ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0 は、新たにスタイリングセットガイド機能、強力な差分チェック機能、スウォッチ割り当て機能、テンプレート割付時のレイヤー保持機能など、より柔軟に自動組版の設定を行うことを可能とする使いやすい機能を搭載しました。

ProDIX DB 6.0/7.0/8.0/9.0

 ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0が持つすべての機能に加えて、XML コンテンツマネジメントシステムXCMSを経由して、各種データベースと連携し、レイアウト上のテキストデータとデータベース間での差分データのチェックやコンテンツ管理を含めた統合的なDTP 制作支援を実現します。

ProDIX Server 6.0/7.0/8.0/9.0

 XML コンテンツマネジメントシステムXCMS 2と連携し、Adobe InDesign CS4、CS5、CS6、CC Server を使用したサーバーサイド自動組版を実現します。XCMS Asset、Catalog、 Manual、Free Paper Editionなどのソリューションパッケージでも利用できます。

ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0 クライアント製品群

 ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0 Standard Edition、ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0 DB には組版・対話・指示の3つの機能に特化したクライアント製品群を用意しています。ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0 Standard Edition, ProDIX 6.0/7.0/8.0/9.0 DBと同時に利用する事で、利用目的に応じたコストパフォーマンスの高い自動組版環境の構築を実現します。