ホーム > 導入事例 > 大分合同新聞社

大分合同新聞社

導入の背景

 大分合同新聞社(以下、大分合同新聞社)は株式会社プロフィールド(以下、プロフィールド)自動組版機能を備えたコンテンツマネージメントシステム「XCMS Server Print Service」を採用し、大分合同新聞社の新聞広告制作システム「ぶんぶん制作システム」を構築しました。
 ぶんぶん制作システムは、広告編集機能を利用した新聞紙面データの制作及び、入力内容をWeb公開することによるワンソースマルチユースを実現しました。

XCMS Server Print Service導入の背景を、ご担当者様は次のように語っています。

 紙で利用しているデータを、他のデバイスへ展開し、より多くの読者へ情報発信を行い、掲載された御客様への2次的サービスを行う事が、かねてからのぶんぶん広告の課題でありました。旧システムの老朽化に伴う新システムの構築にあたり、それらの要望に対応でき、また将来的に拡張性が高く、かつオペレータの操作も簡単なシステムを探していたところプロフィールド社のXCMS Server Print Sericeに出会いました。操作は全てブラウザ入力でありながら、新聞広告の品質を損なうことなく紙面が制作でき、またWeb用の2次的な入力操作を行うことなく、Webへも情報の発信が実現でき作業効率が格段に上がりました。
 今後、ぶんぶんだけでは無く新たな商品、チャネル展開を考えたいと思っています。


導入製品

XCMSServerPrintService(デジタルパブリッシングツール)
 サーバープリントサービスはWeb to Printにおいて必要な管理機能XCMSとAdobe® InDesign® Serverを活用したサーバー自動組版機能(特許技術)を備えたパッケージソリューションです。

ProDIXServer、ProDIX
 制作業務におけるサーバー自動化ソリューション及び、クライアント自動制作システム。


システム概要と効果

 このソリューションでは、汎用DTPソフトウェアInDesign® Serverを採用することにより、汎用性、柔軟性を兼ね備えた上で、ユーザーはDTPソフトウェアを触ることなく、Webブラウザの入力のみで、紙面コンテンツの制作が可能となりました。ユーザーはDTPの専門技術を一切必要なく、組版処理をスピーディーに、一定の品質で制作することが可能となります。また、入力コンテンツを紙面だけでは無く、Web公開に活用することにより、顧客サービスの向上を実現しています。

【システムイメージ】


今後の展開

 ぶんぶん制作システムの保持する汎用性、柔軟性を利用し、新たなメディアの開拓や、自社の会員制サイト「GATE」とのコンテンツ連携など、読者へのサービス強化につなげていきたいと考えています。


お客様プロフィール

会社名大分合同新聞社
創業1886年4月3日
代表者代表取締役社長 長野 健
事業内容・新聞
・雑誌発行
・出版
・各種事業
所在地本社 〒870-860大分県大分市府内町3-9-15
   TEL: 097-536-2121(代表)
支社:東京、大阪、福岡、別府、中津、佐伯、日田 他に11支局、1通信部
資本金1,000万円
URLhttps://www.oita-press.co.jp/