ホーム > 導入事例 > 株式会社道新プロセス

株式会社道新プロセス

導入の背景

 株式会社道新プロセス(以下、道新プロセス)は、株式会社プロフィールド(以下、プロフィールド)の自動組版機能を備えたコンテンツマネージメントシステム「XCMS® Server Print Service」を採用し、北海道新聞社の広告制作システムの一翼を担う「文字広告システム PiXls(ピクサラス)」を構築しました。PiXlsは、文字広告(死亡広告、求人広告、映画案内広告など)の作成は元より、集版編集機能、タブロイド版の面付機能を備え、文字広告制作業務に必要な機能を全て備える中核システムとして、一連の制作ワークフローを支えています。

XCMS® Server Print Service導入の背景を、ご担当者様は次のように語っています。

 かねてより、北海道新聞社及び広告主のニーズを踏まえた、より柔軟で、拡張性の高い文字広告制作システムの構築を考えていました。旧システムの老朽化に伴う新システムの構築にあたり、古い枠組みにとらわれず、Adobe®社の汎用DTPソフトウェアInDesign®をベースとしたものを考えていました。各社の提案を選考した結果、プロフィールドのソリューションが最もフィットするものであると判断しました。新システムの導入に際しては、1年間という短期間で合った為、新たなシステムへのオペレータ教育も含め不安もありましたが、拡張性を損なうことなく、旧システムに慣れているオペレータへも配慮された操作感を実現いただき、スムーズな移行ができました。今後、新たなデバイス/企画を北海道新聞社に提案し、システムの持つ可能性を存分に利用したいと考えています。

オペレーター作業


導入製品

XCMS® Server Print Service
 Web to Printにおいて必要な管理機能XCMSとAdobe® InDesign® Serverを活用したサーバー自動組版機能(特許技術)を備えたパッケージソリューション。

ProDIX® Server、ProDIX®
 制作業務におけるサーバー自動化ソリューション及びクライアント自動制作システム。


システム概要と効果

このソリューションを利用することにより、道新プロセス各拠点(札幌本社、函館、旭川、釧路支社)の制作環境をシームレスに統合し、コンテンツの共有化、一律のサービス提供を実現しました。本システムでは、汎用DTPソフトウェアAdobe® InDesign®、InDesign® Serverを採用することにより、汎用性、柔軟性を兼ね備えた上で、ProDIX®が提供するインターフェースを利用することにより、難易度の高い技術を要する商品を、短期間で高品位に制作することを可能とし、商品作成の自由度を上げ、新商品開発へ柔軟に対応することも可能となりました。また、パッケージ製品を基盤としている為、システム構築~本番稼働まで約1年間という短期間で達成することができました。XCMSに蓄積された管理・制作データはプリント利用だけではなく、Webやタブレットなど様々なメディアへの配信を実現が期待されます。

【システムイメージ】

ProDIXシステムイメージ


お客様プロフィール

会社名株式会社 道新プロセス
創立1986年4月1日
代表者代表取締役社長 紺野 親
事業内容新聞広告データプリプレス
所在地〒060-8711
札幌市中央区大通西3丁目6番地
TEL:011-210-5775(代表)
FAX:011-210-5779
資本金2,000万円
URLhttp://kk.hokkaido-np.co.jp/kanren/dpro.html